ふりかえり(1)「人生の先輩たち」

オリエンテーションは3週間コースと2週間コースそれぞれ到着した日に行われたが、北海道民医連から看護師さんの庄司朝子さんが来てくださり、夏の健康管理についてレクチャーして下さった。
庄司さんは中学生くらいの時から看護師さんになりたいと思ったことも話して下さった。

2週に渡り2泊3日の予定で週末を過ごさせてもらった仁木町の「山の家きょうどう」。
ここにもボランティアスタッフが多数かかわってくれたが、何人かの方からは自分の生き方について語ってもらった。

余市で自給自足生活をしている笠小春さんはお話の最後にホルンを吹いて下さった。
札幌で自然食品店をやっている橋本まほろさんは、有機農業の生産者と消費者をつなぐ自分の仕事について語ってくれた。
子どもたちは人生の先輩の話しにじっくり耳をかたむけていた。色んな生き方があって良いことを知って欲しい。