8月20日

最終日になってしまいました。

午前中に、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからはるばるスタッフが来てくれて、「子どもの権利条約」についてのワークショップが開かれました。
むすびばのスタッフも混じって、子どもの立場について楽しみながら考え認識する、おもしろい(っていうか、有意義な)ひとときだったと思います。

その後雨上がりの街に繰り出して会食。
ホテルのランチ・バイキング。食べ過ぎちゃった!人が多発していたようです。
でも、みんなおとなしい。なにか考えてるカンジ…。
付近でおみやげを調達する班と、早めに宿舎に戻る班とにわかれて過ごす午後のひととき。

午後4時。迎えのバスが到着。
添乗のむすびばスタッフ2人とともに車中の人に。
宿舎のロータリーをぐるっとバスは周回しながら帰路につきました。

学習指導の中心的役割をはたしてくれたSさんから挨拶。
「勉強のことだけでなく、どんなことも相談できる大人たちに札幌で出会ったことを心にとめて下さい」

参加者は無事翌日帰宅することができました。

まだ「終えた」と言うには早いような気がしますし、実感もイマイチ湧きませんが、いま少なくとも、むすびば以外の多くの方々の助力により、やっと実行できたという気が強くしています。
関与してくださったみなさんにはほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました。

8月20日

8月19日

合宿を終え、そそくさとお昼ご飯。

おみやげを買いに行きたい、ということで、どこにするか結構迷いましたが、札幌ファクトリーに移動。
日程終了の開放感?
「いっぱい買うんだね」
「いとことか、友だちとか」

ゲーセンの横をすり抜けて、地下鉄体験。
大通公園に移動。
夕食は見晴らしの良いテレビ塔のレストランで歓送会を兼ねて。
スタッフやお世話になった方々にも来てもらって交流をはかりました。
後半は子どもたちの主催で愉快な「芸」がいっぱい登場しました。

8月19日

最終日の宿舎は、スタッフ的には盛り上がりすぎがコワイ?と思ったりしましたが、さすがに合宿効果もあってか以外と静かな夜になりました。

8月13日

世の中はお盆休みのリラックスムードですが、ここの学舎には違う空気が流れています。
いよいよさいごの1週間!の大?号令がかかり、海水浴から気持ちを切り替えて勉強再開。
多くのボランティア講師が登場してくれています。

8月13日

8月13日

8月12日

8月11日はスコーレ・ユウで模擬試験を受けた後、バスに乗って仁木町の山の家へ。

中学生達は仁木町での週末をたっぷり楽しんで帰ってきました。
自主運営による交流会で盛り上がり、体育館での球技も海水浴もみんなで楽しみ、
夜は星空観察や石川さん(バスの運転手さん)と歩く「肝試し」もなかなかの人気でした。

8月12日

8月12日

8月12日

8月9日

今日もユウで授業。
「歓待」されています。

8月9日

JR研修センターの朝ご飯。
パンが食べたいって子もいるけれど、以外と「ごはん好きだよ」って子も多い。

8月9日

8月8日

スコーレ・ユウでの授業がはじまりました。
宿舎をバス(協力:札幌協働福祉会)で8時20分出発、9時から授業の開始です。
ユウの建物はコンクリートの箱ではありません。ふんだんに使われた木のおかげか気持ちの良い空気が流れています。
ユウの夏期講習参加者にまぜてもらって、緊張気味に勉強がはじまりました。
ユウの生徒さんたちはフレンドリーです。

8月8日

8月8日

宿舎、JR研修センターの夕食。
学生食堂みたいな雰囲気。ほかの宿泊者…体育会系、家族連れなどにぎやかです。

8月8日

8月7日

これまでの3週間コースに加え、いよいよ2週間コース参加者の登場。
25人が勢揃いし、宿舎もJR研修センターへ移動。
合同でのオリエンテーション、歓迎会などをこの日行いました。

8月7日

8月7日

8月7日

8月7日

8月6日

札幌留学生交流センターの会議室を使ったにわか学舎では毎日熱い展開が続きます。

先生もホット。指導の合間をぬって方針確認や調整の打合せが断続的に行われています。

8月6日

8月4-5日

仁木の山の家(札幌協働福祉会の協力)で泊まりがけでリクリエーション。

受験生12人は、5日バスで積丹半島一周をしました。
あいにくの雨模様でしたが、
狭いトンネルを抜けて眼下に広がる幌武意海岸をバックに集合写真。

8月4-5日1

神威岬では、万里の長城のような遊歩道を歩いて、岬の突端へ向かいましたが、
崖崩れで途中で通行止めになり、足もとはずぶぬれになりながら、
戻ってきました。(富)