ふりかえり(3)「子どもの力」

期間中に3人が誕生日を迎えた。
そのうち2人のサプライズ・バースデーを行い、本人達を大いに喜ばすことが出来た。
合唱三銃士が中心となり、2回とも中学生達は全員で「翼をください」を唄って誕生日を祝った。
こういう時子ども達は友達を喜ばせるために一丸となる。
勉強が終わった直後の学舎の中で若者達の歌声が響き、15本のロウソクの灯火が輝いていた。

体調が悪くなり、以前いじめにあった事を思い出して苦しくなりかけた子がいたが、同じ部屋の仲間が優しくしてくれたお陰でへこたれずに済んだ。
誕生日のときに「楽しいなあ~、明日も誰かの誕生日ならいいのに」とその子が笑顔で私に言った。

3週間も一緒に暮らしていると生活面では予期せぬ出来事も起きた。
しかし、大人のスタッフが介入するよりも前に中学3年生達は自主的にミーティングを行った。
「このままではダメだからそれぞれが今思っていることを話そう」と集まり、一人一人が思いを話し、色々誤解しあっていたことに気がついた者同士が謝った。そして、明日から最後まで仲良くやろうと声をかけあった。

翌朝、本人達からその報告を聞いたが、自分達でなんとか解決しようとする姿勢に感心した。
経験上悪いことの予測をしがちな大人は、防止策を取るあまりついつい色んなことに介入してしまうが、子どもたちは自分達で解決する力も秘めている。それが活きる場面はなかなか少ないかもしれないし、今回はもの凄くラッキーにその力が出たのかもしれないが、これは紛れもない事実なのだ。
子どもの力を信じること、子どもの力を引き出すこと、これは大人たちみんなの課題だと思った。

帰りの船内で食中植物にとても詳しいO君から北海道で購入した「ムシトリスミレ」を見せてもらった。
購入した時には無かった新芽が真ん中に出てきてとても美しい。
こどもの力を再発見させられたことと新芽の美しさが重なり、清々しい朝だった。

むすびば以外の沢山の方達と一緒に実現できたこの企画が、参加した子ども達の力も合わせて大切な学舎となっていったことに深く感謝します。
放射能問題は今後も国民的な大きな課題ですが、私達は一人一人の出会いを大切にしながら、ひるむことなく未来を育んでいきたいと思います。
ありがとうございました。
2012.08.21

むすびば共同代表/みみをすますプロジェクト
みかみめぐる

ふりかえり(2)「スタッフ・ミーティング」

ボランティア講師の方達とスタッフは初めての経験に戸惑いながらも前向きにミーティングすることを心掛けたが、振り返ってみると本当に何度も何度もよく話し合いを重ねたものだと思う。
そして学生を含む講師の方達みなさんが教えることに手を抜かず、真剣に向き合っていただいたことは確実に今回の中学生達の心に響いていた。

ふりかえり(1)「人生の先輩たち」

オリエンテーションは3週間コースと2週間コースそれぞれ到着した日に行われたが、北海道民医連から看護師さんの庄司朝子さんが来てくださり、夏の健康管理についてレクチャーして下さった。
庄司さんは中学生くらいの時から看護師さんになりたいと思ったことも話して下さった。

2週に渡り2泊3日の予定で週末を過ごさせてもらった仁木町の「山の家きょうどう」。
ここにもボランティアスタッフが多数かかわってくれたが、何人かの方からは自分の生き方について語ってもらった。

余市で自給自足生活をしている笠小春さんはお話の最後にホルンを吹いて下さった。
札幌で自然食品店をやっている橋本まほろさんは、有機農業の生産者と消費者をつなぐ自分の仕事について語ってくれた。
子どもたちは人生の先輩の話しにじっくり耳をかたむけていた。色んな生き方があって良いことを知って欲しい。

 

8月21日

前日の19:00 苫小牧港からみんなを乗せたフェリーが出航した。
スコーレユウの金さんと朝日さん、漂流教室の相馬さん、山の家の富塚さんがわざわざ見送りに来て下さり、子ども達は大喜び。

男子はとても広い大座敷、女子は暗唱番号でしか開閉しないセキュリティのしっかりした女子専用の和室。
部屋は別々だが、しばらくは男女仲良くラウンジでトランプ遊び。でも10時就寝を徹底させる。
工藤さんとみかみの2人で引率だが、海が穏やかなのでやれやれ本当にありがたい。


10:00
予定通りフェリーは仙台港に到着。
おばさんと一緒に帰る0君が手を振る中、貸し切りバスに乗り込む。
だんだん別れが近づいてくるせいか、みんな口数が少なくなっていく。

12:00
福島駅前到着。13名がバスを降りる。
保護者の方達お一人お一人にご挨拶し、「色々なことがあった3週間でしたが、どうか勉強も生活も一緒に頑張ったお子さんを褒めてあげてください」とお願いした。
30分早く到着したため、保護者の方達を待つ間、車中の郡山組を呼んでくる。
みんな嬉しくて飛び跳ねながら男子も女子もひとつになる。
こんなに仲の良い光景を目の当たりした保護者の方達から改めて感謝された。
福島駅をバックに全員で記念撮影。
郡山へと出発するバスを見送って激しく手を振り叫ぶ男子、泣きながら手を振る女子。

13:30
郡山駅前到着。9名全員が降りる。
出迎えの保護者の方達お一人お一人とお話しする。
福島駅と同じようにお話しさせてもらったが、どなたも「うちの子がまた行きたいと言ってますからぜひ考えてください」と仰られ、「良い人生勉強をさせてもらい感謝しています」とスタッフへの労いの言葉も沢山いただいた。
射すような日差しの中、福島県が最高に暑い日に帰って来た子ども達一人一人と握手をし、元気よく解散。
無事に送り届けられたこと、保護者の方達から温かな言葉をかけていただけたことに深く深く感謝します。

8月20日

最終日になってしまいました。

午前中に、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからはるばるスタッフが来てくれて、「子どもの権利条約」についてのワークショップが開かれました。
むすびばのスタッフも混じって、子どもの立場について楽しみながら考え認識する、おもしろい(っていうか、有意義な)ひとときだったと思います。

その後雨上がりの街に繰り出して会食。
ホテルのランチ・バイキング。食べ過ぎちゃった!人が多発していたようです。
でも、みんなおとなしい。なにか考えてるカンジ…。
付近でおみやげを調達する班と、早めに宿舎に戻る班とにわかれて過ごす午後のひととき。

午後4時。迎えのバスが到着。
添乗のむすびばスタッフ2人とともに車中の人に。
宿舎のロータリーをぐるっとバスは周回しながら帰路につきました。

学習指導の中心的役割をはたしてくれたSさんから挨拶。
「勉強のことだけでなく、どんなことも相談できる大人たちに札幌で出会ったことを心にとめて下さい」

参加者は無事翌日帰宅することができました。

まだ「終えた」と言うには早いような気がしますし、実感もイマイチ湧きませんが、いま少なくとも、むすびば以外の多くの方々の助力により、やっと実行できたという気が強くしています。
関与してくださったみなさんにはほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました。

8月20日

8月19日 歓送会

強化合宿を終えた午後6時から大通公園にそびえるテレビ塔のレストランを貸し切って歓送会」が催された。
講師の先生達など滞在中にお世話になった方達をお招きし、子ども達が感謝の意を表すために有志で話し合い、司会進行はこういう事が得意なY君が引き受けてくれて、アドリブ勝負の楽しい手作りの宴会となった。

小野さんがジュニア向けのご自分の本を全員にサイン入りでプレゼント。自然科学に関心がある子は素直にそれがのびていくことを祈りたい。

仁木町の「山の家」ですっかりお馴染みになった合唱三銃士のH君、M君、S君がアカペラで唄ってくれる。
普通は恥ずかしがってやらないだろうと思うことを、意外にもすんなりやってくれるのがこの中学生達の良いところだ。
夏休みキャンプでやって来た子ども達自ら進行の歓送会なんて、やっぱりとても珍しい事だと思う。
今回福島県からやって来た中学生達は素直に力を発揮する能力と協調の精神に満ちていて、これは今回の出会いが生んだかけがえのない宝物だとしみじみそう感じた。

8月19日

合宿を終え、そそくさとお昼ご飯。

おみやげを買いに行きたい、ということで、どこにするか結構迷いましたが、札幌ファクトリーに移動。
日程終了の開放感?
「いっぱい買うんだね」
「いとことか、友だちとか」

ゲーセンの横をすり抜けて、地下鉄体験。
大通公園に移動。
夕食は見晴らしの良いテレビ塔のレストランで歓送会を兼ねて。
スタッフやお世話になった方々にも来てもらって交流をはかりました。
後半は子どもたちの主催で愉快な「芸」がいっぱい登場しました。

8月19日

最終日の宿舎は、スタッフ的には盛り上がりすぎがコワイ?と思ったりしましたが、さすがに合宿効果もあってか以外と静かな夜になりました。

8月18日~19日合同強化合宿(3)

札幌市内と福島県内の中学3年生50名の合宿は、食堂のご飯の光景も凄いし、息抜に体育館でゲームをする光景も凄い。
それでもむすびばの中学生達は積極的にトライしようとしていて、男子も女子も来た時の様子からすると確実に逞しくなっている。

合宿の最後は全員で集い、名指しされた人達が感想を述べた。
むすびばやユウの学生ボランティアが前に出て挨拶。
夜遅くまでの個人指導や自習も含めた強化合宿が閉会。
むすびばの子ども達も全員顔が揃い、勉強の日々がついに終わった。

120818

8月18日~19日合同強化合宿(2)

強化合宿の夜、微熱と頭痛が続いて風邪と診断されリタイアしていたS君が金さんや朝日さんを訪ねてやって来た。
S君の体調はすっかり良くなっていたが戻る時期を逸していたため、昨年から親しくしている別の団体のプログラムに参加していた。

夕食の時間を割いて金さんはS君の相手をしてくれた。実にフランクにくったくなく話す金さんは、「英語がちょっと苦手だからプリント一枚勉強してくかぁ~」と大急ぎでプリントを取りに走る。
そしてS君に「この問題をやってみー」と言い、S君も素直にプリントに向かい始める。
他のメンバーは席をはずして二人だけにしてあげるが、なんと情熱的で温かな先生ぶりなのだろう。
S君の解答を金さんは熱心にチェックして説明している様子をドア越しに見ることが出来た。

中途半端な参加だったかもしれないがそんなことは関係ない。
何か大事なものを受け取った顔をして、S君は何度もお礼を言いながら帰っていった。

8月18日~19日(1)

スコーレユウの子ども達と共に50名余りの合同強化合宿を開始。
場所は宿舎としているJR社員研修センターで、ここに札幌在住の子ども達もユウの先生達もみんなで一晩の受験勉強合宿をする訳だ。

福島県から来ている子達の中から少しずつ疲れによる風邪症状が出始めてはいるものの、女子も男子も基本的にはこの強化合宿をやり遂げたいという思いに溢れている。
ずうっと体調が優れなかったYさんも「途中で投げ出したくはない。ぜったいやり遂げてみたい。」と語り、何か自分の中で脱皮したい気持ちがあるという事を彼女からは強く感じた。
きっと何か大事なことを実感する夏なのだと思う。
「さあ、ファイトだよ!!」と子ども達それぞれに声をかける。